話題の青汁サプリ「ステラの贅沢青汁」

IMG_0014_R

青汁と言えば「不味い」っていうイメージですが、ステラ漢方が販売している青汁は飲み物ではなくてサプリメントです。青汁をずっと飲んでいる人からすれば邪道だと思いますが、不味くて継続できない人からすれば、これほど良いサプリはありません。

青汁は日本人にとって健康なイメージでしょうが、とてもとっつきにくいイメージもあると思います。そんな中で青汁サプリというのは野菜嫌いで、青汁なんて絶対に飲めないという人にはかなりオススメです!!

サプリなので青汁であろうがなかろうが、不味いもへったくらもありません。口に含んで水で飲みこめば終了です。あの青汁の苦味や後味なんて全くありませんよ!!

IMG_0018_R

サプリで青汁と同じ効果が本当にあるの?って思う人も多いでしょうが、最近では色々な健康食品はサプリに移行しています。青汁をマズイいのを我慢して飲むのはナンセンスだと管理人は思います。もちろん、青汁サプリよりも青汁を飲んだほうが栄養価としてのメリットは高いです。

しかし、健康食品と言う意味合いでは、栄養価よりも継続して飲み続ける方が重要です。仮に青汁が不味いので、気が向いたときにたま~に飲むくらいの考えなら、絶対にサプリで毎日飲んだほうが健康維持にはいいです。

IMG_0017_R

そもそも、青汁などの健康食品は生活習慣の改善・不規則な食生活によって栄養価が足りていない、偏っている人が飲むべきものです。普段の食事から十分な野菜を摂取できている人は問題ありません。(といっても厚生労働省が推奨している一日の野菜摂取量は350グラムなので、とうてい普通の人では摂取できていないと思いますが、、、)

そんな食生活の偏りが習慣づいている人にとって、たまに飲む青汁ほど無駄なものはありません。全く意味がないんです。それだったら、サプリで苦痛な思いはせずに毎日飲んでた方がよっぽど健康維持には役立つと管理人は思っています。

青汁サプリだから意味がある!!

サプリというとDHCのように成分単体で売ってあるものをイメージする人も多いと思います。基本的に健康系のサプリであれば成分単体よりも色々な成分が含まれていた方が良いです。

人間は体の仕組みから成分を単体で摂取したところで、吸収率が問題になって摂取した量ほど効果がないという場合があります。サプリより食べ物の方で栄養価を取った方が良い!と言われるのはこのためです。

食材などは野菜単体でも色々な栄養成分が含まれています。その中で○○成分の吸収率を上げる○○成分が入っていたりするので、とても人間にとって効率の良い栄養摂取方法なんです。だから、サプリの成分単体よりはあきらかに食材の方がいいのです。もっと言うと、食材を料理してあげることで、色々な食品の栄養素が混合して吸収率を高めてくれるんです。

青汁に関しても野菜を凝縮しているので、成分単体のサプリよりも栄養価の吸収率が高いです。

それでいて青汁に使われている原料であるケール、大麦若葉などは栄養価が豊富なうえに、栄養バランスが整っているため吸収率もかなり高いのです。青汁が他の健康食品よりも優れているのは、そういった吸収率と栄養価のバランスなんです。

サプリは添加物が多い・・・

今の青汁は少なからず添加物が含まれています。サプリは添加物だかれだから青汁にしている!っていう考え方の人は間違いです。今、販売されている青汁のほとんどに添加物は含まれています。もちろん、サプリよりも添加物は少ないと思いますが、、、

そもそも、添加物を悪者としていますが、それは一昔前の話です。

現代に入って添加物の規定はかなり厳しくなっており、国が推奨している添加物であれば健康に関してなんら問題はない!とハッキリ言われています。一昔前は、そういった添加物の安産性の線引きや規定がなかったため、多くの健康被害がでたのは事実ですが、今の日本で摂取し続けると危ない添加物などサプリや健康食品に使われることはまずありえないんです。